Special

ニッポン放送『魔法のラジオ』でテーマ曲を演奏する音楽ユニット、オトのハコブネ。
番組パーソナリティを務めるフルート奏者横田美穂の繰り広げる、全曲オリジナルのフルートの音楽。クラシックとポップスを融合し、フルートを中心としたピアノ、チェロ、ギター、パーカッションのアンサンブルで聴く人の心に深く音楽をお届けします。

ピアノ:佐々木祐子

桐朋学園大学ピアノ科卒業。フランスへ留学し、パリ国立高等音楽院修了。トリエステ国際室内楽コンクール最高位受賞、併せてシューベルトの演奏に対して特別賞受賞。ヴィットリオ・グイ国際音楽コンクール第三位入賞。東京文化会館、銀座ヤマハサロン、石橋メモリアルホール等でリサイタルを行う。全国公共ホール音楽活性化事業登録アーティストとしても各地でトークコンサートを行うなど、ソロ、アンサンブル奏者として幅広い活動を行っている。

チェロ:櫻井慶喜

東京音楽大学器楽科、ウィーン市立音楽院卒業。 ローム・ミュージック・ファンデーション主催「夏のスイス音楽セミナー」、ウィーン音楽セミナー、アマデウス弦楽四重奏団ノーベルト・ブレイニン氏のマスタークラス等を受講。第19回マスタープレイヤーズ国際音楽コンクール(イタリア)にて首位入選。現在、ソロ、室内楽、オーケストラ等で活動する他、久石譲氏らとコンサートツアーを行うなど、多数のアーティストと共演、レコーディングやコンサート活動をしている。

ギター:中村修司

早稲田大学在学中にモダンジャズ研究会に在籍し、 東京での音楽活動を始める。その後、プロのギタリストとしてのキャリアを重ね、 日本のポップス、ロックなど幅広く活躍する。20代後半からプロデューサーとしての活動も始め、 数多くのアーティストの作品を手がける。中島みゆき、福山雅治、水樹奈々、木根尚登、岡本真夜等、 レコーディングやライブのサポートを務める。横田美穂に出会い、一緒に新たなフルート音楽のスタイルを 築き上げようと日々邁進している。

パーカッション:今野多久郎

成城大学在学中にブラスロックバンド「スペクトラム」でデビュー、解散後バックバンドやスタジオ・プレーヤーとして活動、29歳で「KUWATA BAND」に参加、リーダーを努める。その後、テレビ番組「メリークリスマスショウ」「イカ天」、ラジオ番組等をプロデュース、及び出演、筋肉少女帯、福山雅治、五木ひろしなどのアルバムをプロデュース。現在CMにも出演他、FMヨコハマ「ロックページ~ミュージックプレゼンテーション」の担当DJ。心理学者の河添博幸氏と共に、『打楽器と心理学の臨床研究会「SteReo」』を主宰。2015年より、熊本市MICEアンバサダー

品川クラブex 2018.6.17 フルートライブ

「ゴーギャンの夢」

「誰かが君を探してる」

Copyright ©  Daybreak inc. All Rights Reserved.